えねぐーの日記

高校受験英語についてのブログです

ただ英単語を「丸暗記してこい!」という先生は最悪

こんにちは。今日の記事は英語を習いたての中学生に向けて書きます。もしかしたら高校生にも役立つかもしれません。

 

 

 

英単語の学習は英語学習において欠かせないものです。しかし単語リストや単語帳を渡すだけ渡して

 

「覚えてこい!」「暗記してこい!」「テストするからな!」

 

という学校や塾の先生が皆さんの周りにはいませんか?はっきり言ってそういう先生は最悪です。

 

学校の先生は変えられないでしょうが、塾なら即刻先生を変えてもらうか、他の塾へ行ったほうが良いと思います。

 

 

ではどういう先生が良いのでしょうか。

それは単語をなるべく暗記しやすくしてくれる先生です。

 

具体的には

①英単語の覚え方、勉強のやり方を教えてくれる

②英単語の解説(発音、語源、日本語との関連)

をしてくれる先生です。

 

①がなぜ大事かというと、英語初心者である中学生はどうすれば最も効率よく英単語を暗記できるかなど考えていません。ただ書く、ただ読むという工夫0㎜の努力しか出来ない子がほとんどです。そこで先生がどうやればいいか、いつやるのがいいか、どこでやればいいのかなど具体的に手ほどきを最初にしてあげるべきです。

 

 

②がなぜ大事かというと、例えば

「サッカーのフォワードというポジションは常に前の方にいるよね。そこからforwardも前の方というふうに関連付けて覚えてね」

 

と一言添えてあげるだけで劇的に暗記がしやすくなります。丸暗記をしていないので忘れる確率も下がります。ここは先生がどれほどの知識を持っているかに比例するのでより知識経験が豊富な先生に分があると思います。

 

 

 

もっと具体的に説明してみると、、

 

 

 

 

駄目な先生

「influenceは影響を与えるという意味で入試に出るから覚えてこいよー」

 

 

こういう先生に存在価値ありません。単語帳に書いてあるんですから。

 

 

 

私なら、

①インスタグラムとかで有名な人をインフルエンサーと言うよね。沢山の人に影響を与えているからだね。

 

乃木坂46インフルエンサーという曲があるよね。乃木坂は多くの人に影響を与えているからきっと秋元康さんはこういうタイトルを付けたんだろうね。

 

③でもアクセントはinfluenceの最初のiの所だから気をつけてね。

 

 

これくらいの情報を生徒の顔色を見ながら伝えます。覚えてこいしか言わない先生より頭に残る気がしませんか?

もちろん全員が納得してくれるかは分かりませんが、一定層に響けば十分だと感じます。

 

 

 

ということで、頭を使わずにひたすら「覚えろ!」と言う先生を撲滅していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)